ホヤからプラズマローゲン抽出

hoya01

■ホヤからプラズマローゲン抽出

ホヤは他の水産動物よりも多くのプラズマローゲンを含んでいることが東北大学大学院農学研究科の宮澤陽夫教授の研究から分かっています。
牛脳や陸生動物の神経組織よりも食経験があるため、ホヤからより安全なプラズマローゲンを抽出しました。

■プラズマローゲンとは

プラズマローゲンとは体内にある抗酸化作用をもったリン脂質の一種です。
ヒトの脳は乾燥重量の65%が脂質からできています。さらに、そのうち2分の1がリン脂質で、コレステロールが4分の1、糖脂質が4分の1となっています。リン脂質の30%をホスファチルエタノールアミン(PE)が占め、PEにはアルケニルアシル構造のエタノールアミンプラズマローゲン(単にプラズマローゲン)が含まれます。

プラズマローゲンは人体のリン脂質の薬18%を占めており、特に脳神経細胞に多く含まれています。中でも、ホヤ由来のプラズマローゲンは健康増進効果がある必須脂肪酸のDHAやEPAを構造に多く含んでいることが分かっています。